一般歯科

General

虫歯とは

虫歯とは

「毎日歯を磨いているのに虫歯になった」という方もいれば、「歯をあまり磨かないのに虫歯になったことがない」という方もいます。虫歯の原因はさまざまで、食生活などのライフスタイルや、その人が持っている歯の質などが多様に絡み合って発症します。
口の中にできた虫歯菌(ミュータンス菌)は、酸をつくって歯を溶かす働きがあり、歯に穴をあけて虫歯を促進させます。この虫歯をつくるミュータンス菌をなるべく発生させないよう、普段の食生活の見直しや、歯磨きを習慣づけることで、虫歯を予防しているのです。

虫歯の進行と治療方法

  • co

    CO(シーオー)

    ごく初期段階のため、自覚症状はほとんどありません。ブラッシングまたはフッ素の塗布で治療します。

  • c1

    C1

    色が黒ずみ、冷たいものがしみるように感じます。この場合、虫歯部分を削り、歯科用のプラスチックを詰めます。

  • c2

    C2

    虫歯が象牙質まで進行。甘いものに対して痛みを伴う場合があります。C1と同じく虫歯部分を削り、詰め物をします。

  • c3

    C3

    虫歯が神経にまで達し、なにもしていないのに痛みを感じます。神経を抜かなければならない場合も出てきます。

  • c4

    C4

    神経がなくなり、歯根に膿がたまって激痛を感じます。抜歯し、入れ歯やインプラントを検討する場合があります。

3MIX法

3mix

3MIX法とは、歯をできるだけ削らずに治療する方法です。
この治療法は、歯に抗菌薬を浸透させて虫歯を無菌状態にし、虫歯菌に侵された象牙質の再生を促すというもの。神経を取らなければいけない症状の虫歯でも、この治療法によって神経を残せる可能性が格段に上がります。また、これまでであれば抜歯するしかなかったような症状にも歯を残せる可能性が生まれます。その結果、将来的に歯の寿命が延びることにもつながっていきます。

小児歯科

child

医科の小児科と同様に、お子さまを対象に虫歯の予防指導や治療を行ないます。
子どもはおとなと違って発育過程にあり、乳歯が生えてきた時点から噛み合わせをチェックする必要があります。また、乳歯は虫歯になりやすいため、予防の基本となるブラッシングを普段から丁寧に行なう必要があります。さらに、口の中にトラブルがなくても、定期的な検診を受けることで、虫歯を未然に防ぐ可能性が高まります。お子さまのセルフケアについて心配な点がございましたら、ご相談ください。

予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病になることを未然に防ぎ、歯を健康に保つことを予防歯科といいます。将来の残存歯数にも影響する可能性があり、普段から歯を清潔にすることが望まれます。
まずは、歯科医院で検査を受けて口の中の状態をチェック。さらに、PMTCなどの専門的なケアも受けることができます。
また日常の正しいブラッシングや規則的な生活習慣など、ご自身でも日常的に行なうことができます。こうしたセルフケアについて当医院でも指導をしていますので、お気軽にご相談ください。

PMTC

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、専門のスタッフが専用の機器を使って行なう本格的な歯の掃除を指します。
普段の歯磨きでは汚れを落とし切れない歯と歯の間、歯肉と歯の境目、また歯のでこぼこした溝などを丁寧に磨くことができ、汚れを徹底的に除去。治療後は口の中がさっぱりとして気持ちよくなります。日常のブラッシングとあわせて定期的にPMTCを受けることで、虫歯や歯周病をしっかり予防できます。

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、細菌の感染によって起こる炎症です。ブラッシングしにくい歯と歯肉の境目が汚れたままでいると炎症を起こし、赤みや腫れ、出血といった症状が現れます。さらに進行すると歯を支える骨が溶け、歯が抜けてしまう場合があります。
歯周病の原因は、歯の表面につく歯垢の中にひそむ細菌。歯磨きが十分でないと歯垢がつき、細菌が増殖する温床となってしまいます。
そのほか、歯ぎしりや不適合な噛み合わせ、ストレスなども歯周病の因子になるといわれています。

歯周病の進行と治療方法

  • 1)歯肉炎

    1)歯肉炎

    歯と歯肉の間に2~3ミリのすき間ができている状態。検査をした上で歯をきれいにし、ブラッシング指導を行ないます。

  • 2)軽度歯周炎

    2)軽度歯周炎

    すき間がさらに広がり、歯槽骨や歯根膜が破壊されはじめます。歯についた歯垢や歯石を取り除く治療をします。

  • 3)中度歯周炎

    3)中度歯周炎

    炎症が拡大し、歯がぐらつきはじめます。歯と歯肉の間も広がっており、深いところに付着した歯石をかき出します。

  • 4)重度歯周炎

    4)重度歯周炎

    歯が抜けそうなほどぐらぐらします。外科手術を行なって、歯根表面についた歯石や歯周組織の一部を除去する場合があります。