インプラント

Implant

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、虫歯や歯周病、事故、さらに先天的に欠損した歯の代用をなす人工歯根のことです。欠損した部分の歯肉に歯根を埋め入れることで歯が本来持っている機能を回復させ、さらに見た目にも審美的回復をもたらします。また、インプラント治療では健康な歯を削る必要がありません。さらに、残っている歯に義歯を安定させるための装置を付けることもないため、口の中に余計な負担をかけることなく日常の生活を送ることができます。

他の治療との違い

入れ歯や銀歯のように、義歯を歯肉に乗せるものとは違い、義歯をしっかり固定できます。これにより、ほかの歯に負担をかけることがなく、また、インプラントによって顎を使って咀しゃくするようになるので、顎骨が急激にやせていくような心配はありません。さらに、従来のブリッジのように、ほかの歯を削ることはありません。
口の中の負担を最小限に抑え、患部に歯が本来持つ機能と見た目を取り戻すことができる治療なのです。

  • 入れ歯

    入れ歯

  • ブリッジ

    ブリッジ

  • インプラント

    インプラント

インプラント治療の流れ

インプラント治療は長期間に渡るため、患者さまとしっかり話し合い、綿密な計画を立てて進めていきます。

  • 1)カウンセリング

    1)カウンセリング

    治療法や費用、通院期間などについて説明します。治療についての疑問や不安をお聞かせください。

  • 2)精密検査

    2)精密検査

    いまある歯の状態や骨格などを正確に把握するための検査を行ないます。

  • 3)治療計画の立案・説明

    3)治療計画の立案・説明

    精密検査をもとに担当の歯科医師が治療計画を立案。患者さまへ丁寧に説明いたします。

  • 4)1次手術

    4)1次手術

    インプラントを埋め込む手術をします。入院などの必要はなく、術後はすぐに日常生活に戻れます。

  • 5)治癒期間

    5)治癒期間

    骨とインプラントが完全に結合するのを待つため、3~6ヵ月ほど治癒期間を置きます。

  • 6)2次手術

    6)2次手術

    骨と結合したインプラントの頭を露出させ、連結部分を装着します。

  • 7)人工歯の作製・装着

    7)人工歯の作製・装着

    歯の型取りをして人工の歯をつくります。装着は2次手術から1~6週間後になります。

  • 8)メンテナンス

    8)メンテナンス

    インプラントの効能を維持するため、定期的に歯周病や噛み合わせなどの検査を受けてください。

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯は失った歯の代わりとなるもの。欠損した歯の数や場所などにより、部分入れ歯か総入れ歯をつくって装着します。また、入れ歯は保険適用でつくれるものと、保険適用外でつくれるものがあります。自費でつくる入れ歯は、保険適用の入れ歯とは材料が異なり様々な種類があります。患者さまのご要望を伺ってどういった入れ歯がよいかご提案させていただきます。
入れ歯の価値は材料だけで決まるものではありません。診療の確かさや入れ歯をつくるための技術が大きくかかわってきます。患者さまにフィットする入れ歯をつくるためにも、私たちは丁寧な治療を心がけてまいります。

症例紹介

インプラント治療例(前歯)

  • introduction01

    術前

  • introduction02

    術中

  • introduction03

    仮歯直後

  • introduction04

    2週間後

  • introduction05

  • introduction06

  • introduction07

    完成